はてブログ

はてなブックマーク新着エントリーの過去ログサイトです。



タグ エコノミスト

新着順 人気順 5 users 10 users 50 users 100 users 500 users 1000 users
 
(1 - 25 / 202件)

英誌が注目「コンパクトシティの世界的ロールモデル、富山市のまちづくり戦略」 | 富山市に学ぶ「都市を優雅に縮小する方法」

2023/01/08 このエントリーをはてなブックマークに追加 18 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip コンパクトシティ ロールモデル 英誌 都市 富山市

日本中の地方自治体にとって、高齢化と人口減少を踏まえたまちづくりは大きな課題のひとつだ。そのなかでも、英誌「エコノミスト」は富山市に注目。同市の30年先を見据えた都市計画とは、いったいどんなものなのだろうか? 小さくて高密度の、車に依存しない都市を目指して 東京から北西に250キロ、紺碧の湾と雪を頂く峰... 続きを読む

いま日本で消滅の危機に瀕している言語「ドゥナンムヌイ」を知っていますか | 歴史に翻弄され、抑圧されたり推奨されたりした結果…

2023/01/07 このエントリーをはてなブックマークに追加 27 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip さんご礁 消滅 危機 言語 歴史

沖縄県与那国島で話されている「ドゥナンムヌイ」こと与那国語は、英語とドイツ語が違う言語であるように、日本語とは明確に異なる言語だと言われている。しかし、与那国語を話す人は現在、わずか数百人しか残っていない。英誌「エコノミスト」が、この言語の厳しい現状を取材した。 サンゴ礁に囲まれた日本の最西端、与... 続きを読む

いつか来る「マンガ」が「ウェブトゥーン」に敗れる日 英経済誌がそう断言する根拠 | 日本のマンガは高齢者の文化になる?

2023/01/03 このエントリーをはてなブックマークに追加 151 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip ウェブトゥーン 根拠 マンガ 英経済誌 ドラゴンボール

日本の「マンガ」人気が世界で高まっていると、海外メディアで報じられることが増えている。そんななか、英誌「エコノミスト」は、マンガはウェブトゥーンにいずれ敗れると分析する記事を掲載した。その根拠は何なのだろうか。 急成長する韓国のウェブトゥーン イ・ヒョンソクは、韓国で『ドラゴンボール』や『スラムダ... 続きを読む

「渋谷のんべい横丁」が世界の都市開発のモデルになる理由 | 英経済誌が分析

2023/01/01 このエントリーをはてなブックマークに追加 34 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip 風前 渋谷 横丁 面影 酒場

東京には再開発の波に飲み込まれず、戦後の面影を残す、雑然とした「横丁」がちらほら残っている。いまや“風前の赤ちょうちん”のところも少なくないが、そんな東京の酒場が、世界の大都市をより人情味ある場所へと変えるうえで大事な先導役になるかもしれない。英誌「エコノミスト」がその理由を紹介する。 本物の東京は... 続きを読む

英誌が解説「なぜ今回のワールドカップでは『番狂わせ』が相次いでいるのか?」 | 日本がスペイン、ドイツに勝利できた理由

2022/12/05 このエントリーをはてなブックマークに追加 233 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip 番狂わせ 強豪 ワールドカップ 下位チーム 事態

ワールドカップ・グループリーグで日本がドイツとスペインという強豪を相次いで撃破したことは世界を驚かせた。しかし、今回の大会では、下位チームがトップチームを破るという予想外の展開が他にも多くあった。なぜそのような事態が起きたのか、英誌「エコノミスト」が解説する。 「互角」に戦ったグループステージ カ... 続きを読む

賃金どうなる?エコノミスト 大学教授 元日銀幹部 見解は【コラム】 | NHK

2022/11/25 このエントリーをはてなブックマークに追加 5 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip 春闘 賃上げ 賃金 経団連 見解

生活に身近な商品の値上がりの動きが止まりません。しかし賃金の水準は物価上昇には追いつかず、生活の負担感は増すばかりです。一方で連合は来年の春闘で5%程度の賃上げを求める方針を掲げ、経団連も賃金アップを企業に働きかける姿勢を示すなど、賃上げのムードは生まれつつあるようにも感じます。誰もが気になる賃金... 続きを読む

「同僚の給料」が開示されると組織はどうなる? 意識の変化がもたらす余波 | 「給与の透明性」に関する法律が近く施行へ

2022/11/05 このエントリーをはてなブックマークに追加 22 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip 余波 NHL 北米 よし 同僚

北米のプロアイスホッケーリーグ「ナショナル・ホッケー・リーグ(NHL)」の選手も、スケート靴をはかなくて済む一般のサラリーマンと同じように、同僚がどれくらいの報酬を得ているのか、まったく知るよしもなかった。1990年のある朝、選手全員の年俸一覧が新聞の一面を飾るまでは──。 これはエコノミストをとりこにし... 続きを読む

大規模な経済制裁を受けた「ロシア経済」は、なぜいまも崩壊していないのか | 理由はロシア経済の特殊性!?

2022/09/14 このエントリーをはてなブックマークに追加 9 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip 経済制裁 ロシア経済 特殊性 平時 理由

ウクライナ侵攻後、ロシアは西側諸国から過去に例のないほど大規模な経済制裁を科された。当初は混乱したロシア経済だが、いまも崩壊していない。何がロシア経済を支えているのか──英誌「エコノミスト」が、ロシア経済が持ち堪えている理由を解説する。 経済制裁は効いているのか ロシア経済の実態は見えにくい。平時で... 続きを読む

中国軍の大規模演習は警告でなく、台湾有事の「予行演習」だと言える理由 | ペロシ議長の訪台が「中国の軍事活動」を正当化した

2022/09/02 このエントリーをはてなブックマークに追加 14 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip 訪台 予行演習 内政干渉 台湾有事 ペロシ議長

ナンシー・ペロシ米下院議長の訪台が「内政干渉」であるという主張から、中国人民解放軍が台湾周辺で4日間の重要軍事演習行動をとったことは、記憶に新しい。これは抗議の意思表示でも警告でもなく、台湾有事の「予行演習」だ──英誌「エコノミスト」に寄せた記事で、中国軍事の専門家はそう語っている。なぜそう言えるの... 続きを読む

ウクライナ侵攻に“抗議の辞職”をした元ロシア外交官が明かす「ロシア外務省の凋落」 | 彼らの驚くべき無能ぶりは今に始まったことではない

2022/07/27 このエントリーをはてなブックマークに追加 6 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip ジュネーブ 凋落 内情 自国 辞職

5月、ジュネーブにあるロシアの国連代表部に勤めていたボリス・ボンダレフ参事官が、自国のウクライナ侵攻に抗議して辞任したことは記憶に新しい。彼が英誌「エコノミスト」に寄稿し、長年勤めてきたロシア外務省の内情を明かした。 ソ連時代の外交官の姿 2月24日に始まったウラジーミル・プーチンのウクライナ侵攻は、... 続きを読む

オーストラリア元首相「安倍晋三は過去50年で最も重要な日本の首脳だった」 | プーチンも全力で説得した安倍は、習近平の好敵手だった

2022/07/13 このエントリーをはてなブックマークに追加 61 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip 中曽根康弘 好敵手 功績 首脳 在任期間

安倍晋三元首相の死は、関わりの深かったオセアニア地域ではどう受け止められているのか。オーストラリアのケビン・ラッド元首相(在任期間:2007〜10、13年)がその功績を振り返る論説記事を英誌「エコノミスト」に寄稿した。 過去50年で、3人の日本の首相が独自に世界の首脳になった。中曽根康弘(首相在任期間:1982... 続きを読む

円安は結局、日本にプラスなのか、マイナスなのか? 格差を助長しかねない円安、日銀が語るメリットとは | JBpress (ジェイビープレス)

2022/03/29 このエントリーをはてなブックマークに追加 15 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip 国力 JBpress 黒田総裁 年初来高値 唐鎌

断続的に年初来高値を更新してきたドル円相場だが、3月23日には6年7カ月ぶりに一時124円台に下落した。果たして、日銀の黒田総裁が語るように円安はプラスなのか、それともマイナスなのか。みずほ銀行チーフマーケット・エコノミストの唐鎌大輔氏が解説する。 「円安≒国力の低下」という理解 (唐鎌 大輔:みずほ銀行チ... 続きを読む

木内登英氏に聞く ロシアのデフォルトより注意すべきシナリオ | 毎日新聞

2022/03/15 このエントリーをはてなブックマークに追加 5 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip 毎日新聞 デフォルト シナリオ 木内登英氏 ロシア

野村総合研究所エグゼクティブ・エコノミストの木内登英さん=東京都千代田区で2020年3月11日、内藤絵美撮影 ウクライナに侵攻したロシアの経済が揺らいでいる。欧米が主導する経済制裁を受け、政府の借金である国債の利払いなどができなくなるデフォルト(債務不履行)が現実味を帯びてきた。だが、野村総合研究所エグ... 続きを読む

タカ派のジョン・ボルトンが警鐘「中国とロシアの協調こそが“世界の脅威”になる」 | ウクライナ危機から得るべき3つの教訓

2022/03/08 このエントリーをはてなブックマークに追加 5 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip 警鐘 協調 教訓 ウクライナ危機 脅威

ジョージ・W・ブッシュ政権で国務次官、トランプ政権で国家安全保障政策担当補佐官を務めたタカ派のジョン・ボルトンが、ウクライナ侵攻に際して英誌「エコノミスト」に寄稿した。 ウクライナ侵攻からの3つの教訓 ロシアとウクライナの戦争が長期化する可能性が出てきた。それからわずか数日のうちに、政治家や専門家は... 続きを読む

実は、ロシア中銀資産を大量に保管する日銀が踏み切った取引禁止措置の奥の手 通貨暴落が必至のロシア、国民の痛みはプーチンの行動変容につながるか? | JBpress (ジェイビープレス)

2022/03/01 このエントリーをはてなブックマークに追加 5 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip CBR 日本銀行 奥の手 JBpress 制裁

(唐鎌 大輔:みずほ銀行チーフマーケット・エコノミスト) 日銀が保管しているロシア中銀資産とは 2月28日夕、日本政府がロシア中銀(CBR)との取引を制限する制裁を表明したことにあわせ、日本銀行とCBRの取引禁止の方針が表明された。後述するように、日銀がCBRから預かる円建て資産は相応の規模に達している。仮に、... 続きを読む

ロシア国民、外貨求めてATMに長蛇の列-制裁でルーブル急落を懸念

2022/02/28 このエントリーをはてなブックマークに追加 26 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip ルーブル急落 長蛇 外貨 利上げ 制裁

ロシア全土でATM(現金自動預払機)の前に外貨を引き出そうとする人の長い列ができた。ウクライナ侵攻に対する制裁措置が西側諸国によって強化され、通貨ルーブル急落懸念が広がっている。 一部の銀行は25日終値を3割余り上回る高値でドルを売却し、多くのエコノミストがロシア中央銀行に利上げを促し得る心理的に重... 続きを読む

ロシアのスイフト排除 専門家がみる経済への影響 追加制裁の余地も:朝日新聞デジタル

2022/02/27 このエントリーをはてなブックマークに追加 9 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip スイフト排除 余地 朝日新聞デジタル ロシア Swift

ロシアの銀行がSWIFT(スイフト)(国際銀行間通信協会)から排除されることで、日本や世界経済にどんな影響が及ぶのか。元日本銀行審議委員で野村総研エグゼクティブ・エコノミストの木内登英氏に聞いた。 SWIFTからロシアの銀行が排除されることで、ロシアから原油や天然ガスを輸入する際の決済が滞る懸念が高まり、エ... 続きを読む

歴史学者ユヴァル・ノア・ハラリ「ウクライナ危機が脅かすのは、人類の歴史上の功績だ」 | 悲劇が繰り返されるかは、人間の選択にかかっている

2022/02/24 このエントリーをはてなブックマークに追加 146 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip 注記 核心 はらり 本質 英誌

注記:この記事は英誌「エコノミスト」で2022年2月9日に掲載されたものです。 歴史は永遠に繰り返されるのか ウクライナ危機の核心にあるのは、歴史と人類の本質に関する、「変化は可能か」という根本的な疑問だ。人間は自らの行動を変えられるのか、それとも歴史は永遠に繰り返され、過去の悲劇は再現されるのか。 ある... 続きを読む

昔は良かった円安がナゼ今「悪い円安」になったのか | 熊野英生の「けいざい新発見」 | 熊野英生 | 毎日新聞「経済プレミア」

2022/02/08 このエントリーをはてなブックマークに追加 6 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip FRB 利上げ 熊野英生 円安 大発会

円安が進んでいる……(大発会が行われた東京証券取引所。為替は1ドル=115円台に)=2022年1月4日、佐々木順一撮影 米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げが近づいている。利上げが始まると、円安はさらに進むと予想される。かつては、円安が日本経済に好ましいと政府・日銀当局者やエコノミストは言っていた。しかし最近... 続きを読む

新型コロナ感染拡大に関するYahoo! ニュース、門外漢のエコノミスト・門倉貴史と感染症専門医・岡秀昭埼玉医科大教授が「ヤフコメ」でバトルを展開。弊ブログは岡医師を全面的に支持し

2022/01/22 このエントリーをはてなブックマークに追加 15 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip 門倉貴史 門倉 門外漢 ヤフコメ 新型コロナ

Yahoo! JAPANのニュースに新型コロナのニュースが載るたびに、なぜかヤフコメの筆頭に門倉貴史という「エコノミスト」、つまり感染症の門外漢のコメントが出てくるのが鬱陶しくてたまらないのだが、最近、岡秀昭医師が門倉のコメントに異を唱えるケースが出てきた。 昨日(1/22)報じられた、東京都の新規陽性者数が1万... 続きを読む

英「エコノミスト」誌が厳選「2022年に実用化が期待される22の新たなテクノロジー」 | mRNAワクチンの次に世界を変えるのは?

2022/01/09 このエントリーをはてなブックマークに追加 31 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip ワクチン 新型コロナウイルス mRNAワクチン 研究成果 実際

新型コロナウイルス・ワクチンが驚異的な速さで開発され普及したことは、科学技術には世界を変える力があることを再認識させるものだった。新しいmRNA技術に基づくワクチンは瞬く間に作られたように見えるが、実際には1970年代までさかのぼる数十年にわたる研究成果によるものだ。テクノロジー業界で言われているように... 続きを読む

【コラム】AI時代の「データの産業革命」:創始者たちが間違っていたこと | TechCrunch Japan

2022/01/04 このエントリーをはてなブックマークに追加 5 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip TechCrunch JAPAN 産業革命 コラム AI時代

2010年2月、The Economist(エコノミスト)は「Data, data everywhere」というレポートを公開した。当時は、そのデータのランドスケープが実際にはどれだけ単純なものであったか、ほとんどわかっていなかった。つまり、相対的に見て、2022年に目を向けるときに直面するデータの現実を考えた場合である。 このEconomistの... 続きを読む

エコノミスト誌が特集「日本という“実験場”を世界がもっと注目すべき理由」(クーリエ・ジャポン) - Yahoo!ニュース

2022/01/01 このエントリーをはてなブックマークに追加 5 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip クーリエ・ジャポン 英エコノミスト誌 Yahoo 実験場 特集

国民の意思と乖離した政権が、日本の変化を阻んでいると英「エコノミスト」誌は指摘する。 【画像】米紙が見つけた「地方移住で夢を叶える日本人」 日本がいま本当に必要としている「リーダー像」とは? 令和の日本が直面する「3つの壁」とは? そして世界が日本の課題対応に着目すべき理由とは──特集記事の第一弾を... 続きを読む

世界はニッポンという“実験場”にもっと真摯に目を向けなければならない | 日本の成功も失敗も“貴重な先例”になる

2022/01/01 このエントリーをはてなブックマークに追加 18 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip 先例 衆議院 政権 意思 令和

国民の意思と乖離した政権が、日本の変化を阻んでいると英「エコノミスト」誌は指摘する。 日本がいま本当に必要としている「リーダー像」とは? 令和の日本が直面する「3つの壁」とは? そして世界が日本の課題対応に着目すべき理由とは──特集記事の第一弾をお届けする。 国民の意思にそぐわない政府 令和初の衆議院... 続きを読む

日本のGDPマイナス成長「世界と悩み共有できない」格差が露見。新規感染者数に一喜一憂していると…

2021/11/16 このエントリーをはてなブックマークに追加 67 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip 露見 GDP 格差 前期比 みずほ銀行チーフマーケット

唐鎌大輔 [みずほ銀行チーフマーケット・エコノミスト] Nov. 16, 2021, 10:40 AM Business5,275 緊急事態宣言下(2021年8月)の東京・渋谷の様子。同四半期(7〜9月)の日本はマイナス成長を記録した。 REUTERS/Androniki Christodoulou 日本の第3四半期(7~9月期)国内総生産(GDP)が11月15日に公表された。前期比... 続きを読む

 
(1 - 25 / 202件)