はてブログ

はてなブックマーク新着エントリーの過去ログサイトです。



タグ 昆虫

新着順 人気順 5 users 10 users 50 users 100 users 500 users 1000 users
 
(1 - 25 / 413件)

カブトムシはなぜ夜行性?背景にあの強力なハチか 山口大学 | NHK

2022/11/23 このエントリーをはてなブックマークに追加 19 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip カブトムシ 樹液 ハチ 雑木林 争い

夏の雑木林で夜間や早朝に活動するカブトムシ。 もともと夜行性と考えられてきましたが、実はある強力なライバルによって夜行性を強いられている可能性があることを山口大学の研究者が突きとめ、このほど発表しました。 カブトムシは夏の雑木林にあらわれる昆虫の中でも大型で、餌となる樹液をめぐる争いでも、もっとも... 続きを読む

セイヨウオオマルハナバチは遊びをする!昆虫では初発見! 【Lab BRAINS】-アズワン

2022/11/04 このエントリーをはてなブックマークに追加 11 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip アスワン 初発見

この連載テーマについて サイエンス妖精の「彩恵りり」が、最新の研究や論文、科学的成果を分かりやすく解説するよ! メイン活動場所のTwitterはこちら ⇒ https://twitter.com/Science_Release その他の活動場所についてはこちら (プロフカード) ⇒ https://profcard.info/u/eJxPYzwrjXgaqy2BqbddhJGMR9W2 みなさんこんに... 続きを読む

昆虫の群れが飛ぶと、雷雨と同レベルに「大気が電化する」と判明! - ナゾロジー

2022/10/26 このエントリーをはてなブックマークに追加 9 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip 雷雨 ナゾロジー 大気 判明 同レベル

今から半世紀前、アメリカの気象学者エドワード・ローレンツが「ブラジルの1匹の蝶の羽ばたきはテキサスで竜巻きを引き起こすか?」という有名な問いかけをしました。 これは「バタフライ・エフェクト」として知られる、気象などの条件の複雑さを表現した一種の例え話ですが、実際似たようなことは本当に起こり得ること... 続きを読む

博物館などで古文書食べる害虫「シミ」相次いで発見 外来種か | NHK

2022/09/23 このエントリーをはてなブックマークに追加 304 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip 従来 古文書 文化財 繁殖力 被害

博物館などで紙の資料を食べることから害虫とされる「シミ」について、国内ではこれまで報告が無かった種類が全国で相次いで見つかっていることが分かりました。従来の「シミ」より繁殖力が高いとみられ、専門家は、文化財などに被害が出るおそれがあるとして、対策が必要だとしています。 紙を食べる昆虫、「シミ」は、... 続きを読む

新元号「令和」の典拠『万葉集』~なぜ万葉集には蝶の歌がないのか~蝶を通してみる古代の人々の思想とは

2022/09/21 このエントリーをはてなブックマークに追加 257 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip 典拠 梅花 古代 思想 縁起物

『万葉集』に関わる新聞に気になる記事を見つけました。昆虫の「蝶」を詠った歌がひとつもないというのです。「令和」の典拠となった梅花の歌の序に「庭舞新蝶」とあり、蝶に目が留まっていたことは確かです。 まず、私にとって蝶といえば縁起物のイメージであり、着物の柄、また中国の文様のイメージです。中国では、蝶... 続きを読む

昆虫など生物の高精細3Dデジタル標本をオンラインで公開 九大 | NHK

2022/09/15 このエントリーをはてなブックマークに追加 5 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip 生物 NHK 魚類 オンライン 持続

昆虫や魚類などの生物のおよそ1400点の高精細な3Dのデジタル標本を、九州大学がオンライン上に公開しました。 誰でも自由に閲覧でき、制作した生態学の専門家は「リアルな姿に触れて生物が多様であることへの理解を深めてほしい」としています。 九州大学「持続可能な社会のための決断科学センター」の鹿野雄一特任准教... 続きを読む

世界から昆虫が減少しつつある現代の状況について──『サイレント・アース 昆虫たちの「沈黙の春」』 - 基本読書

2022/09/05 このエントリーをはてなブックマークに追加 87 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip 沈黙 副題 昆虫たち 現代 基本読書

サイレント・アース 昆虫たちの「沈黙の春」 作者:デイヴ・グールソンNHK出版Amazonこの『サイレント・アース』は副題に入っているように、殺虫剤や農薬などの化学物質の危険性を訴えた「沈黙の春」の昆虫をテーマにした現代版とでもいうべき一冊だ。 著者によれば、いま世界から昆虫の数が急速に減少しつつあるという... 続きを読む

“サイボーグ昆虫” 理研など開発 昆虫に電子部品付け遠隔操作 | NHK

2022/09/05 このエントリーをはてなブックマークに追加 19 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip 捜索 遠隔 理研 理化学研究所 NHK

昆虫に電子部品を取り付けてその動きを遠隔操作できるいわゆる「サイボーグ昆虫」を開発したと理化学研究所などの研究グループが発表しました。将来的には、災害現場での捜索などに応用できるのではないかとしています。 発表したのは、理化学研究所の福田憲二郎専任研究員などの研究グループです。 「サイボーグ昆虫」... 続きを読む

九州大学が「ザリガニやサメ、ソメイヨシノなどの3Dモデル」1400点700種以上を無料公開中。生物標本へのアクセスを容易する目的のほか、メタバースやバーチャルリアリティなどへの応用を

2022/09/05 このエントリーをはてなブックマークに追加 15 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip バーチャルリアリティ ザリガニ Sketchfab サメ 応用

九州大学が「ザリガニやサメ、ソメイヨシノなどの3Dモデル」1400点700種以上を無料公開中。生物標本へのアクセスを容易する目的のほか、メタバースやバーチャルリアリティなどへの応用を狙う 九州大学は現在、3DモデルプラットフォームのSketchfabにて水生生物や昆虫、植物など1400点700種以上の3Dモデルの無料公開を行... 続きを読む

ゴキブリを「サイボーグ化」、理研など成功 災害救助に活躍期待:朝日新聞デジタル

2022/09/05 このエントリーをはてなブックマークに追加 551 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip ゴキブリ 災害救助 サイボーグ化 温度センサー 理研

理化学研究所などの研究チームが、ゴキブリの「サイボーグ化」に成功した。極薄の太陽電池を開発し、無線通信装置と背負わせることで、指示した方向に曲がらせられることを実験で確かめた。小型カメラや温度センサーを装着すれば、災害現場の調査など、人が入れない危険なエリアなどでの活躍が期待できるという。 昆虫を... 続きを読む

香川照之の「昆虫」番組は「すでに番組の放送は終了」再放送も「ありません」NHK会長 - 芸能 : 日刊スポーツ

2022/09/02 このエントリーをはてなブックマークに追加 20 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip 香川照之 定例会見 不定期放送 昆虫すごいぜ 日刊スポーツ

NHK前田晃伸会長の定例会見が1日、東京・渋谷の同局で行われた。 性加害が報じられた香川照之が出演する、不定期放送のEテレ教養番組「香川照之の昆虫すごいぜ!」および総合「香川照之の昆虫すごいZ!」について、同局担当者は「すでに番組の放送は終わっており、今後の放送について決まっているものはありません」とコ... 続きを読む

クモの死体をロボットハンドに改造した「ネクロボット」が登場

2022/07/28 このエントリーをはてなブックマークに追加 17 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip ネクロマンサー ロボットハンド 捕獲 物体 野生

映画やゲーム、ファンタジー小説には人間の死体を操るネクロマンサーが登場しますが、アメリカ・ライス大学のエンジニアはクモの死体をロボット化して操作する「ネクロボット」技術を開発しました。生きていたころのクモと同様に、器用かつ繊細に物体をつかむことができるこの技術には、野生の昆虫の捕獲やマイクロデバ... 続きを読む

「クモの巣は帯電していて、昆虫が近づくと巣の方から近寄ってくる」という面白い論文を教えてもらい、下敷きで蜘蛛の巣を変形させに行ったら本当だった

2022/07/22 このエントリーをはてなブックマークに追加 346 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip 下敷き 蜘蛛 クモ 面白い論文 郡司芽久

郡司芽久(キリン研究者) @AnatomyGiraffe 「クモの巣は帯電していて、+に帯電した昆虫が近づくと巣の方から近寄ってくる(クモの巣は単に昆虫がくるのを待ち伏せるものではなく、変形して昆虫を捕えに行く網である)」という論文を教えてもらい、あまりの面白さに衝撃を受け、下敷きで蜘蛛の巣を変形させに行った時の... 続きを読む

1つのティーバッグから昆虫400種の痕跡が発見される(ニューズウィーク日本版) - Yahoo!ニュース

2022/06/24 このエントリーをはてなブックマークに追加 129 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip ティーバック 痕跡 ニューズウィーク日本版 Yahoo DNA

<ドイツの研究チームが、乾燥した茶葉からかつてそこにいた虫のDNAを採取・解析する画期的な技術を開発> たった1袋のティーバッグから400種もの昆虫の痕跡が見つかった──ドイツの研究チームが独自開発したDNAの検出技術でチャノキと共生・寄生関係にあった昆虫を調べた結果だ。 【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ... 続きを読む

密輸された化石998点、仏からブラジルに返還

2022/05/28 このエントリーをはてなブックマークに追加 5 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip 返還 ブラジル 白亜紀 AFP 時計回り

フランスからブラジルに返還された白亜紀の化石の一部。(左上から時計回りに)トンボ、昆虫、松ぼっくり、硬骨魚の一種(2022年5月24日作成)。(c) JEAN-FRANCOIS MONIER / AFP 【5月28日 AFP】仏ルアーブル(Le Havre)で24日、ブラジルで違法に発掘されて密輸された化石998点を同国に返還する式典が行われた。中には... 続きを読む

昆虫の遺伝子、注射1本で容易に改変 機能デザイン可能に 京大 | 毎日新聞

2022/05/16 このエントリーをはてなブックマークに追加 5 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip 京大 毎日新聞 改変 成虫 試薬

京都大の研究チームは16日、昆虫の遺伝子を容易に改変できるゲノム編集の新手法を開発したと発表した。成虫に試薬を注射するだけで、生まれてくる子の遺伝子を改変。理論上、100万種を超える昆虫のほぼ全てに応用できるという。チームの大門高明教授(昆虫生理学)は「昆虫食など、人類に有益な機能をデザインする研究分... 続きを読む

昆虫研究者の矢島稔さん死去 91歳 数多くのテレビ番組に出演 | NHK

2022/05/11 このエントリーをはてなブックマークに追加 10 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip 肺炎 NHK 出演 昆虫研究者 テレビ番組

数多くのテレビやラジオの番組に出演し、昆虫の魅力を広く発信した昆虫研究者の矢島稔さんが先月下旬、肺炎のため東京都内の病院で亡くなりました。91歳でした。 矢島さんは東京都の出身で、東京学芸大学を卒業したあと、練馬区にあった遊園地豊島園の中に昆虫館を創設する企画などに携わりました。 その後、多摩動物公... 続きを読む

あやつじ@むし博士Vtuber on Twitter: "大学院生の頃、昆虫の交尾器について詳しい教授のことを尊敬の意を込めて陰で「お○んぽマスター」と呼んでいた。 それがその教授にバレた際「俺はお

2022/04/26 このエントリーをはてなブックマークに追加 29 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip 尊敬 交尾器 教授 マスター 大学院生

大学院生の頃、昆虫の交尾器について詳しい教授のことを尊敬の意を込めて陰で「お○んぽマスター」と呼んでいた。 それがその教授にバレた際「俺はお○んぽマスター(修士)じゃなくてお○んぽプロフェッサー(教授)だ二度と間違えるな‼️」ってすごく怒られた。 続きを読む

ミミズは侵略的外来種、北米で昆虫に大きな被害の恐れ、研究

2022/04/01 このエントリーをはてなブックマークに追加 198 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip ミミズ 北米 益虫 外来種 Minden Pictures

家庭菜園や花壇では益虫とされるミミズだが、北米の多くの森林など、本来ミミズが生息していなかった土地では、在来動物に意外な悪影響を及ぼしている。(PHOTOGRAPH BY STEPHEN DALTON, MINDEN PICTURES) 2021年の暮れに亡くなった生物学者のエドワード・O・ウィルソン氏は、かつて昆虫のことを「世界を回している小さ... 続きを読む

アマゾンの森の昆虫は高さで激変、まだ大半が新種か、最新報告

2022/03/04 このエントリーをはてなブックマークに追加 14 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip 新種 激変 宿主 学名 大半

地上8メートルの高さで捕獲されたノミバエ科のハエ。まだ学名はない。昆虫学者のブライアン・ブラウン氏によると、このハエは、他の昆虫に卵を産み付け、最終的には宿主を殺してしまう寄生バエであるという。この記事の昆虫の写真は、米ロサンゼルス郡立自然史博物館の昆虫担当学芸員であるブラウン氏が、コンピューター... 続きを読む

「日本の山で最恐生物はダニ」と昆虫学者が語る訳 | リーダーシップ・教養・資格・スキル

2022/02/19 このエントリーをはてなブックマークに追加 13 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip リーダーシップ ダニ 教養 昆虫学者 巨体

巨体を誇るゾウや毒を持つヘビ、病原体を運ぶ虫など、世界にはさまざまな「危険生物」が存在します。調査で世界中に足を運ぶ昆虫学者であり、『角川の集める図鑑GET! 危険生物』の昆虫、クモ・サソリなどの監修を担当した、九州大学総合研究博物館の丸山宗利准教授が、実際に危険生物に遭遇した体験談を語ります。 いろ... 続きを読む

「日本の山で最恐生物はダニ」と昆虫学者が語る訳 | リーダーシップ・教養・資格・スキル

2022/02/19 このエントリーをはてなブックマークに追加 119 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip リーダーシップ ダニ 教養 昆虫学者 巨体

巨体を誇るゾウや毒を持つヘビ、病原体を運ぶ虫など、世界にはさまざまな「危険生物」が存在します。調査で世界中に足を運ぶ昆虫学者であり、『角川の集める図鑑GET! 危険生物』の昆虫、クモ・サソリなどの監修を担当した、九州大学総合研究博物館の丸山宗利准教授が、実際に危険生物に遭遇した体験談を語ります。 いろ... 続きを読む

”羽毛のような羽”持つ小さな昆虫 その独特の飛び方を解明 | NHKニュース

2022/01/29 このエントリーをはてなブックマークに追加 32 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip 羽毛 解明 コガネムシ 体長 バタフライ

羽毛のような珍しい羽を持つ小さな昆虫は、水泳のバタフライのようにも見える独特の飛び方をしていることを千葉大学などの研究グループが明らかにし、これまで知られていない飛び方として注目されています。 ベトナムに生息するコガネムシなどの甲虫と呼ばれる仲間の昆虫に、体長が0.4ミリほどと極めて小さく、羽毛のよ... 続きを読む

その数1306本 生物で最多の脚を持つヤスデ、豪州で発見

2021/12/17 このエントリーをはてなブックマークに追加 5 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip ヤスデ イモムシ CNN 豪州 最多

英語名の由来通り1000を超える脚を持つヤスデがオーストラリアで発見された/Marek et al. 2021 (CNN) ヤスデが持つ多数の脚は、それこそがこの動物をイモムシや昆虫とも違うものとして特徴づけている。 だが、英語名「millipede」がラテン語で「1000本の脚」という意味を持つにもかかわらず、750本超の... 続きを読む

都内の処分場にサンショウウオの「大きな」幼生 担当者「珍しい」:朝日新聞デジタル

2021/12/09 このエントリーをはてなブックマークに追加 13 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip サンショウウオ 水辺 水中 朝日新聞デジタル 幼生

東京都日の出町の谷戸沢(やとざわ)廃棄物処分場内の水辺で、体長約7センチのトウキョウサンショウウオの越冬幼生が確認された。処分場を管理する東京たま広域資源循環組合が行った生物調査でわかったといい、9日に発表した。 同組合環境課の担当者によれば、サンショウウオの幼生は水中の昆虫などを食べて育つ。やがて... 続きを読む

 
(1 - 25 / 413件)