はてブログ

はてなブックマーク新着エントリーの過去ログサイトです。



タグ 刑事訴訟

新着順 人気順 5 users 10 users 50 users 100 users 500 users 1000 users
 
(1 - 6 / 6件)
 

【速報】JOC竹田会長がオリンピック誘致の汚職疑惑で刑事訴訟へ、約2億5000万円を支払った疑い | BUZZAP!(バザップ!)

2019/01/11 このエントリーをはてなブックマークに追加 5 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip ルモンド 竹田恒和会長 バザップ 東京オリンピック誘致 報道

開催まで1年半を控えた東京オリンピックに、司法のメスが入ることになります。詳細は以下から。 フランスの大手メディア「ルモンド」の報道によると、東京オリンピック誘致を巡る汚職に関与したとして、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長に対する刑事訴訟の手続きが同国で取られているそうです。 報道では明治... 続きを読む

JOC竹田会長 五輪招致で汚職に関与容疑 仏メディア報道 | NHKニュース

2019/01/11 このエントリーをはてなブックマークに追加 633 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip JOC竹田会長 五輪招致 関与容疑 汚職 メディア報道

フランスのAFP通信や有力紙「ルモンド」は、JOC=日本オリンピック委員会の竹田恒和会長に関して、来年の東京オリンピック招致をめぐる汚職に関わった疑いでフランスで刑事訴訟の手続きが取られていると伝えました。 続きを読む

記者の眼 - もう笑えないマイナンバーとマイナンバーカードの混同:ITpro

2017/04/17 このエントリーをはてなブックマークに追加 141 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip マイナンバー ITpro 被告人 マイナンバーカード 混同

世の中には、最後の一文字が違うだけで意味が全く異なる言葉がある。例えば、「被告」と「被告人」は使われる場面が違う。被告は民事訴訟で訴えられた側だ。被告人は、犯罪の嫌疑を受けて起訴された者で、こちらは刑事訴訟になる。 筆者が通信社の記者として裁判の記事を書くときに、被告と被告人を書き間違えてはならないと教え込まれた。民事裁判と刑事裁判の区別すらできていないということになるからだ。だが、メディアの多く... 続きを読む

日本製の児童性的暴力アニメの普及、ロシア初の刑事犯罪が言い渡される: The Voice of Russia

2014/03/03 このエントリーをはてなブックマークに追加 35 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip 記者会見 ヘンタイ 条件付 ロシア語 禁固

インターネットにおける日本のポルノ・アニメの普及をめぐる刑事訴訟が、ロシアでは初めてヴォルゴグラード市裁判所で行われ、実刑が確定した。3日、ロシアの「安全なインターネット連盟」が記者会見で明らかにした。 ロシア語で日本製の同種のアニメは「ヘンタイ( хентай)」と呼ばれている。「安全なインターネット連盟」のデニス・ダヴィドフ執行役は記者会見で被告は「ヘンタイ」を普及させた罪で条件付で3年の禁固... 続きを読む

ヤクザに殴られてから刑事訴訟をするまで私のしたこと / 吉田 勇気 | STORYS.JP

2014/01/27 このエントリーをはてなブックマークに追加 470 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip 体験談 クレーム 恐怖 いわく 過去形

私もこのようなことになるまで怖かったです。ええ、過去形です。私の体験談を共有することで皆さんの恐怖が軽減できればと思います。 私は当時二十歳、すすきののカラオケ店に勤務しておりました。16時くらいから3人組の男の受付をしたところ、しばらくして別の部屋からクレームが入りました。いわく「勝手に部屋に入ってきて一緒に歌おうとする人たちがいるので注意して欲しい」とのこと。まずは電話の入った部屋へ向かい、思... 続きを読む

落合弁護士による「特定秘密保護法案の刑事手続上の論点」(江川 紹子) - 個人 - Yahoo!ニュース

2013/12/03 このエントリーをはてなブックマークに追加 83 users Instapaper Pocket Tweet Facebook Share Evernote Clip 紹子 落合弁護士 特定秘密保護法案 江川 論点

元検事で弁護士の落合洋司さん(東海大法科大学院特任教授)が、12月2日、参議院議員会館で「国家機密と刑事訴訟~特定秘密保護法案の刑事手続上の論点」と題する講演を行った。東京地検公安部での捜査経験もある落合弁護士は、「公安捜査の経験者から見て、捜査権限を発動しやすい法案」と述べ、処罰範囲が広く、捜査が暴走しないための歯止めもないなど、問題点を指摘。「捜査経験者として、公安捜査にも関与したことがある身... 続きを読む

 
(1 - 6 / 6件)